Anti ChosonNinja

反チョ同盟の動画バックアップだす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【韓国】「Rainをもってしてもニンジャアサシンの退屈さを救えない」

“「ニンジャ・アサシンはブルース・リー以上」…海外で相次ぐ賛辞”という記事をぶち上げた中央日報が、いよいよ自紙の英語版でニンジャアサシンのレビューを発表した。

以下に、拙訳を掲載する。

記者名はBen Applegate、おそらく韓国内で映画を鑑賞したものとおもわれる。

Even Rain can’t save this dull tale of ninja killers❐
Movie Review
November 27, 2009


Rainでさえもこの忍者キラーたちの退屈な物語を救うことは出来なかった

Rain’s role is to have rippling muscles and look angry in “Ninja Assassin.” [MovieWeb]
Real ninjas were nothing more than thugs and spies who did the dirty work of Japan’s feudal lords during the chaotic civil war of the 15th to 17th centuries. They could not disappear, they did not steal orphans and train them in secret, and they did not have Wolverine-like healing powers.


Rainが演じるのは、震える筋肉を持ち、怒って見える“ニンジャアサシン”だ。
史実の忍者は、15?17世紀の混沌とした戦国時代の日本において、封建的領主の下で汚い仕事に従事した盗賊やスパイ以外の何者でもない。彼らは姿を消したり、孤児を誘拐したり、その子らを秘密裏に特訓することは無かったし、彼らはウルヴァリンなみの回復力を有してなどいなかった。

Real ninjas are boring. So instead, “Ninja Assassin” goes with the “real ultimate power” philosophy of ninjahood: that - ahem - ninjas are totally sweet, ninjas fight all the time, and the purpose of the ninja is to flip out and kill people.

実際の忍者は退屈だ。だがしかし、“ニンジャアサシン”は忍者っぽさの“真の究極の力”の哲学に走ったのだ。それは、まあ…つまり、忍者は全くスイートで、忍者は常に戦い、忍者の目的は人を殺しては気が狂うこと、といった感じのものだ。

Genre fans may associate the title with the English-dubbed “Shogun Assassin,” the bizarre and violent classic of samurai exploitation from 1980 that was hacked together from two different Japanese films. Perhaps that’s the feel writer Matthew Sand and director James McTeigue were going for, because the plot holes here are wide enough for 30 ninjas to hide in while having a really rad fight.

このジャンルのファン達は、“ショウグンアサシン”という英字幕映画を思い出すだろう。2本の異なる日本映画を1本に編集し、1980年に売り込まれた奇抜でバイオレントなSamurai物の古典だ。おそらく、脚本のマシュー・サンドと監督のジェームズ・マクティーグも同じことを考えただろう。なぜなら、プロットの欠点が、素晴らしい戦闘シーンを演じる30人以上の忍者たちの努力を、覆い隠してしまうほど大きなものだからだ。

A gleefully violent opening sequence introduces us to Raizo, a ninja in the Ozunu clan played by the Korean pop star Rain in his first starring Hollywood role. The scene is like a checklist of genre staples - the ominous envelope of black sand, the arrogant young buck who gets what’s coming to him despite the warning of the wise old yakuza, the gory decapitations. Striking from the shadows, Raizo seems a little like Batman, except he bisects people’s shins.

愉快なほど暴力的なオープニングシーンが、我々に初のハリウッド主演となる韓国のポップスターRainが演じる雷蔵を紹介してくれる。彼はオズヌ一族の忍者の一人だ。このシーンは、このジャンルの定番シーンのチェックリストのようだ。不吉な黒い砂の封筒、知恵者の老ヤクザの警告を無視して彼の元にやってきた横柄な若い下っ端、血塗られた断頭台。暗闇から攻撃をする雷蔵はさながらバットマンのようだ──ただし敵の両すねを切り裂いてしまうことを除いては。

Then, all of a sudden, the action stops, and the first third of the movie dives into an utterly uninteresting series of flashbacks to Raizo’s ninja upbringing at a mountain temple by Lord Ozunu (Sho Kosugi), broken up by footage of Rain twirling around in a Berlin apartment, his ample musculature dripping with grease. This was when Ninja Assassin lost me. I can handle a threadbare plot in the service of awesome action. But why spend 25 minutes developing characters who really are nothing more than excuses to show more flying organs? The stilted romance between various younger Raizos (none of whom look anything like Rain, by the way) and a ninja girl only makes the plot deficiencies more obvious and unbearable.

ここで、全く突然にアクションは終わってしまう。そして映画のはじめの三分の一は、徹底的につまらない、オズヌ(ショー・コスギ)の山寺で忍者として成長する雷蔵の一連のフラッシュバックに突入してしまう。Rainの軌跡は、彼の潤沢な筋肉組織にグリースを滴らせながらベルリンのアパートで棒を振り回すシーンで終りをむかえる。しかし、飛び散る臓器をさらに見せつけるための言い訳にしかならないようなキャラクター設定になぜ25分も費やしたのか。複数の雷蔵の子役達(この子役たちの誰一人としてRainに似ていない)と、くノ一の少女が演じる形式ばったロマンスは、プロットの欠乏をさらに明白に、かつ耐え難いものにした。

Back in the present, Raizo is on the run from his clan and has to enlist sexy Europol agent Mika (Naomie Harris) and her boss (Ben Miles) to help him get revenge against Lord Ozunu. The cops have just begun to crack the case of the ninja clans when their superiors (presumably influenced by Ozunu) betray them and capture Raizo. Then Ozunu sends wave after wave of minions into the prison to kill the traitor. This raises two issues: An organization does not stay totally secret for 1,000 years by indiscriminately killing cops and causing car crashes. And if Ozunu is pulling the strings at Europol, why bother sending the ninjas at all? Couldn’t he use his connections to make it look like an accident? Not even the fairly cool climactic fight in a burning ninja village could rid my mind of these questions (and the Jedi twaddle Ozunu murmurs every few minutes didn’t help).

現代に戻り、雷蔵は一族から脱走し、オズヌに復讐を果たすため、セクシーなユーロポールの調査官ミカ(ノミー・ハリス)とその上司(ベン・マイルズ)に協力を求めなくてはならなくなった。この警官たちは忍者一族の事件の解決に取り掛かるが、彼らの上役(オズヌの支配を受けていると推定される)が彼らを裏切り、雷蔵を逮捕した。オズヌは雷蔵を殺すため、次々と子分を刑務所に送り込んだ。さて、ここで二つの問題が持ち上がる。1000年の秘密を有する忍者組織が、見境無く警官を殺したりカーチェイスを起こしたりと大暴れするだろうか?またもしオズヌがユーロポールの糸を引いているのなら、何でわざわざ忍者を送り込んだりするんだろう。彼のコネクションを使って事故に見せかけることは出来なかったのか?燃えている忍者村にあっても至ってクールなクライマックスの戦いはこれらの疑問を忘れさせてくれた。(しかしオズヌの数分毎につぶやくジェダイのたわごとは何の役にも立たなかったが)

Of course, none of this matters. Because Rain is in it, Ninja Assassin will do good business here, and the filmmakers know it, inserting a little reference to the assassination of Queen
Myeongseong by Japanese agents and setting a battle in a Korean laundromat in Berlin.

もちろんこれらは大した問題じゃない。なぜならレインがそこにいるからだ。ニンジャアサシンのここ韓国での興行は成功するだろう。制作会社もそれを知っている。興味深いことに、日本人の刺客による明成皇后暗殺に若干言及しているし、ベルリンでの戦闘の舞台は韓国人が経営するコインランドリー屋だ。

There’s also a clever and surely intentional nationalistic undercurrent. Though Rain’s character is Japanese, he is a Korean celebrity, and watching him cut up yakuza and ninjas for 90 minutes has to increase the movie’s appeal here while not hurting its chances elsewhere.

さらに巧妙かつ確固とした世界のナショナリスティックな底流も存在する。Rainは日本人のキャラクタを演じてはいるが、彼は韓国のセレブであり、その彼が90分に渡り忍者やヤクザをぶった切り続けるのを見れるということは韓国での映画のアピールを増大させはする一方で、他国での成功のチャンスを潰すことはないだろう。

But I’m grasping at poison dart blowers for something interesting to say about this movie, which manages to use the same premise as “Kill Bill Vol. 1” and still be dull. It’s a sad day when even a film called Ninja Assassin fails to get one totally pumped.

だが、私はいま、毒吹き矢を握り締めている。そして、この映画について語るべき興味深いものを標的としている。それはこの映画が“Kill Bill Vol.1”と同じ前提を利用していながら、それでもなお退屈だということだ。今日は、ニンジャアサシンという名の映画に興味を膨らませていた人物一人を失望させた悲しい日である。

By Ben Applegate [bapplegate@gmail.com]
JoongAng daily Hot issue



ざっくりまとめると、「映画はクソつまんないけど、Rainが出てるし、日本人がいっぱい死ぬ設定だから韓国ではヒットするんじゃないの?」という感じでしょうか?




参考:【ピ(Rain)】米メディア絶賛!?「ニンジャアサシン」海外の反応【1円】


スポンサーサイト
  1. 2009/11/27(金) 23:17:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【妄想】韓国大学教授「古代韓民族たる『大ジュシン族』がアジアを制したニダ」 | ホーム | 【韓国】「キムチ冷蔵庫詐欺に気をつける二ダ!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://halto112.blog63.fc2.com/tb.php/27-563bfaf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

halto112

Author:halto112

Articles

Comments

Trackbacks

Archives

Categories

- (1)

Search

RSS

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。