Anti ChosonNinja

反チョ同盟の動画バックアップだす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ninja Assassin Movie Reviews (English Article)












Metacritic.com is a movie review site which has average score based on various movie review si converted to a 100-point scale. For "Ninja Assassin", the average score of 18 critics site is "34 : Generally unfavorable reviews". Now, I picked up three of the highest scored review of them, and try to translate into Japanese.

さまざまな映画批評サイトの採点を100点満点換算して平均点を算出している「メタクリティック」で、NinjaAssassinのスコアが出ていた。18のレビューサイトの平均点が34点。総合評価は「おしなべて好意的でない評価」w
今回はこのレビューの中から、採点の上位3つをピックアップして日本語訳してみた。
英語力の不足、および米国文化への無知から多数の誤訳があると思われます。ご指摘いただければ幸い。





[75 points] Entertainment Weekly - Chris Nashawaty

The folks at the MPAA must have been snoozing when Ninja Assassin came up for its rating. Because this slick slice of martial-arts mayhem from the producers of The Matrix is awash in blood. It spurts and sprays in geysers. And it never lets up. There's a brutal (and admittedly very cool) fight scene every five minutes. What story there is revolves around a ninja (Korean pop star Rain) who teams with a sassy Europol agent (Naomie Harris) to get payback on the clan who trained him to be a heartless assassin. But let's be honest, killing is this film's business...and business is good.

この映画をR指定と評価した全米映画協会の面々は、きっと居眠りしていたに違いない。「マトリックス」のプロデューサが送り出した流麗な剣劇の大乱闘は血で血を洗う様相だからだ。間欠泉のように噴出し飛び散る血液は、決して止むことがない。残忍で、しかし飛び切りクールといわざるを得ない戦闘シーンが5分毎に登場する。ストーリーは韓国のポップスターRain演じる一人の忍者を中心に展開する。彼は、ネオイミー・ハリス演じる自信にみちたユーロポールと協力し、彼を冷血の暗殺者として育てあげた一族に復讐をもくろむ。しかし正直に言えば、殺人シーンのみがこの映画の売りである。…その売りはまあまあ成功している。




[70 points] The Hollywood Reporter - Ethan Alter

Bottom Line: Long on awesomely bloody action sequences, short on a memorable plot or characters.

総括:恐ろしい流血アクションシーンがたっぷり、印象に残るプロットとキャラクターがちょっぴり。

Chances are if you're willingly walking into a movie entitled "Ninja Assassin," you're expecting to see three basic things: 1) ninjas, 2) lots of them, 3) fighting each other with all sorts of cool weapons your parents never would let you own.

もし君が「ニンジャアサシン」と題する映画に自ら向かう機会があるとするなら、君はきっと次の3つのものを見たいのだろう。1)忍者、2)たくさんの忍者、3)たくさんの忍者によるクールな武器での戦闘シーン──ご両親は決して君をこの映画に連れて行ってはくれないだろうからね。
[*子供しか見たがらない、という皮肉]

It's a pleasure to report, then, that this contemporary chopsocky feature, produced by the Wachowski brothers and directed by James McTeigue ("V for Vendetta"), delivers on those essential elements. It is indeed filled with lots of ninjas who are constantly at each other's throats with all manner of sharp implements.

お伝えできて嬉しいことに、ウォシャウスキ兄弟がプロデュースし、「V・フォー・ヴァンデッタ」のジェームズ・マクティーグが監督する最新鋭の格闘技映画は、前述の3つの基本要素を備えている。この映画は間違いなく、あらゆる刃物で互いを切り付けあう大量のニンジャで満たされている。

The film is likely to enjoy only a modest run in theaters, but its chances at a successful home entertainment afterlife seem strong

この映画は、映画館での控えめな放映でこそ楽しめそうだが、しかし、ロードショー終了後にホームエンターテインメントとして成功するチャンスも強くありそうだ。

Made for the relatively modest price tag of $50 million, "Ninja" often appears as if it cost twice that, thanks to its lush visuals (lensed by Karl Walter Lindenlaub) and terrific special effects, pulled off with a combination of practical and digital tricks. In terms of narrative, though, it's a B-picture all the way.

5000万ドルという比較的控えめな予算で作られた「ニンジャアサシン」だが、カール・ウォルター・リンデンローブの撮影したみずみずしい映像と、実写とCGの組み合わせによる素晴らしい特撮のおかげで、その二倍の予算が掛かっているかのように見える。しかし物語の点から見ると全く持ってB級映画なのだが。

The somewhat jumbled story line centers on Raizo (South Korean pop singer Rain), a skilled warrior raised from an early age to be a foot soldier in a secret army of ninja assassins. But after his brutal master kills the girl he loves, Raizo goes rogue and wages war on his former employers with the help of an Interpol agent (Naomie Harris) investigating this shadowy world of sword-wielding hitmen.

いくぶんごちゃごちゃしたストーリーラインの中心には、韓国のポップシンガーRain演ずる雷蔵がいる。若かりし頃の彼は忍者暗殺者の秘密集団の雑兵であったが、後に有能な戦士へと成長する。しかし残忍な師匠が彼の愛する少女を殺したことをきっかけに、雷蔵は出奔する。剣を携えたヒットマンの跋扈する影の世界を調査していたインターポールのエージェント(ネイオミ・ハリス)の助力を得て元雇い主に対する復讐に身を投じる。

A plot this thin requires charismatic actors to give the proceedings any dramatic weight. Unfortunately, that's the primary area where "Ninja" falls short. Rain might be a superstar in concert, but he's not very interesting onscreen. Granted, the serviceable screenplay by Matthew Sand and J. Michael Straczynski only gives him glum angst to play, but his perpetual blank stare doesn't suggest much range.

この映画のプロットは、やせっぽちなカリスマ的な演者に劇的なビルドアップを要求したわけだが、不幸なことに、筋肉は彼が忍者を演ずるのに足りないものの基礎中の基礎に過ぎなかった。Rainはコンサートではスーパースターなのかも知れないが、銀幕ではそれほど興味深いわけではない。仮に、マシュー・サンドとJ・マイケル・ストラジンスキーによる実用的な脚本が彼に対して、演技に対する陰鬱な不安しか与えなかったのだとしても、彼がしょっちゅう見せるぽかんとした表情は何の示唆も与えてはくれはしない。

It's also a shame to see Harris, who had such a steely, badass presence in her breakthrough role in "28 Days Later," stuck playing the out-of-her-depth sidekick.

ハリスも見るのが恥ずかしい。「28日後」の冷酷で扱いにくい役でブレイクした彼女は、彼女には手におえない横蹴りを披露するに止まっている。

Where the movie excels is the action sequences, largely because McTeigue takes full advantage of his R rating to indulge in lots of blood-soaked slicing-and-dicing, while displaying a sense of humor the rest of the film lacks.

この映画の卓越した点はアクションシーンであり、これはマクティーグ監督がR指定の利点を存分に生かし、血に濡れ切り刻むシーンに耽溺したことが大きい。一方で映画の残りのシーンでのユーモアセンスの表現は欠落している。

In typical Wachowski fashion, these set pieces embrace both comic book and video game aesthetics: The frames are carefully composed and packed with rich colors, but the camera is rarely locked down, toggling around the space as if McTeigue were controlling it with a joystick. This approach might upset old-school kung fu movie fans, but it results in some of the most entertaining and over-the-top martial arts action this side of the "Kill Bill" films.

ウォシャウスキーの典型的なやり方で、これらのシーンはコミックとビデオゲームの双方の美学を取り入れている。画面はカラフルに組み立てられ、豊富な色彩を含有する一方、カメラは殆ど安定せずに、さながらマクティーグがジョイスティックで操縦しているかのように空間を行ったりきたりする。この手法は従来のカンフー映画ファンをいらだたせるかもしれないが、この手の「キルビル」風映画の中で最も愉快で度を越えた格闘アクションの幾つかに帰着した。

"Ninja" isn't a great movie, but if you're in the right frame of mind, it is a bloody good time.

「ニンジャアサシン」は優れた映画ではないものの、心構えさえしっかり持っていれば、血なまぐさい良い時間が過ごせるだろう。




[63 points] New York Post - Kyle Smith

Not to brag, but who is this "Ninja Assassin" fellow compared to me? He: gets sliced to the bone by whirling blades, is blasted unconscious by stun guns and does handstands on a bed of nails. I: sat through "Old Dogs."

自慢じゃないが、俺より「ニンジャアサシン」的な拷問を受けた奴はいるだろうか? Rainはうなる刃に骨を切られ、スタンガンで意識を失い、針のむしろで逆立ちをする。俺は「オールド・ドッグ」を最後まで見させられる。
[*オールド・ドッグ…今シーズン最もつまらない映画の一つとして知られる。メタクリティックによればレビュー平均点は19点と、ニンジャアサシンを下回る評価を受けている]

Korean pop singer Rain plays Raizo, a child raised in the world's coolest orphanage: Chores include learning to maim and slash the other children, who are being raised to be ninja assassins by their dark master Lord Ozunu. These orphans don't beg, unless it's to say, "Please, sir, I want some more whoop-ass."

韓国のポップシンガーRainが演じる雷蔵は、世界でもっともクールな孤児として成長する。オズヌ師匠という闇のマスターの下、忍者暗殺者として育てられた子供たちの中で、仲間を切りつけ不具にする術を学びながら雑役をこなす。この孤児らは「師匠、もっと殴ってください」という言葉以外の一切を懇願しない。

Despite all this happy carnage -- the arterial spray throughout is of lawn-sprinkler force, and many a wall exists only to get Jackson Pollocked with bright red viscous goo -- Raizo comes to doubt his brethren. The outfit considers membership to be nonrevocable, though, and sends dedicated field representatives out to explore the possibility of carving Raizo into Raisinets, if possible while inflicting extravagant doses of pain.

全編に渡る動脈からの噴出は芝生用スプリンクラーの力によるものであり、たくさんの壁が、鮮紅のベトつく粘体でジャクソン・ポロック風の絵が描かれるためだけに存在する。こんな楽しい大虐殺をしておきながら、雷蔵は同僚に疑問を覚えていた。その集団は構成員の離脱を決して許さないにも関わらず、専用フィールドに代表者を送りこみチョコレーズンで雷蔵の彫刻を作る可能性を探ったり、痛みを与えて拷問するためだけの高価な薬を服用させることを試みたりする。
[*ジャクソン・ポロック…20世紀を代表する米国画家。アクション・ペインティングを確立。キャンバスを床に平らに置き、缶に入った絵具やペンキを直接スティックなどでしたたらせる「ドリッピング」という技法を用いた作品を多く作成した]

The evil ninjas seem to be unaware of exactly who it is they are dealing with: Raizo once spent a year training blindfolded, which is exactly how I wish I had seen "Old Dogs." He also devises an ingenious way to fend off a ninja kill technique disguised as clean laundry.

この悪の忍者たちは彼らが殺すべき相手が何者かを正確に理解していないようだ。雷蔵は襲われる前に、目隠しでのトレーニングに1年を費やしている。(それは俺が「オールドドッグ」を見ているときにしたかったことだ。)また、クリーニング屋に偽装して忍者殺しを受け流す巧妙な技法を発明したりもしている。

Meanwhile, in Berlin, a police forensics analyst (Naomie Harris) begins looking into a network of something or other involving a trail of yada yada that leads wherever. Her group, Europol, goes after the ninjas, including Raizo, but one cop makes a big mistake when he brazenly refers to the ninjas as "a few whack jobs wearing pajamas." No, that's conservative bloggers.

一方ベルリンでは、警察の科学捜査官(ネイオミ・ハリス)は、何処かに導く云々の痕跡に関連するなんやかやのネットワークを探り始めていた。彼女の所属するユーロポールは、雷蔵をふくめた忍者たちを追っていたが、しかし一人の警官は大きな勘違いをしていた。彼は横柄にも忍者を「パジャマを着て、少々の殺しをしている奴ら」と言及したのだ。いや、あれは保守的なブロガーだったかな?

Europol becomes a target of the rest of the Ozunus, who can't allow anyone to jump the queue when it comes to torturing Raizo. The forensics expert, though, joins forces with Raizo after receiving a warning letter containing the evil ninjas' trademark black sand.

ユーロポールはやがてオズヌ一派のターゲットとなる。彼らは雷蔵を拷問する順番に割り込む奴を許さないのだ。悪の忍者のトレードマークである黒い砂が入った警告の封書を受け取った後、科学捜査のエキスパートはなぜか強制的に雷蔵と行動を共にする。

I can tell her that an invitation to attend a screening of a new Disney movie that stars Robin Williams would have been equally unsettling.

私は彼女に「ロビン・ウィリアムス主演のディズニーの新作上映会への招待状にも同様に驚くんだろうね」と伝えられる。

"Ninja Assassin," which is bloodier than peak hour at the abattoir, offers about 2 1/2 films' worth of roaring action -- Raizo is so handy with a chain that surrounding ninjas fall like dandelions against a weed whacker -- played with an earnest B-movie fervor. Despite the pace, though -- pedal, have you met my friend metal? -- "Ninja Assassin" still has some of its best stuff left at the end, when the master returns to demonstrate his extra-special, super-most-deadliest technique. This movie knows exactly what it is: Gonzo silliness about bodies turned into human salsa.

「ニンジャアサシン」は繁忙期の食肉処理場よりも流血が描かれている。おおよそ、並みの絶叫アクション映画2.5本分といったところだろう。雷蔵はとても起用に鎖を振り回して、取り囲む忍者を芝刈り機に立ち向かうひまわりのように倒しながら、B級映画の熱狂を真面目に演じてみせる。しかしそのペースにも関わらず、「ニンジャアサシン」の最高のシーンは映画の最後にやってくる。オズヌが超絶に特別な超最高必殺技を披露しに戻ってくるシーンだ。この映画は「人肉サルサソースと化した死体についての常軌を逸したばかばかしさ」を良く知っている。




Remember the fact that these are highest three reviews. I'll try to translate other reviews if I can.

時間があれば、点数が低い方へと順々に翻訳していきたい。
ある国の方々が、ニンジャアサシンの評価を上げるための工作をするのではないかという点も楽しみの一つ。
とりあえず現状34点であることを改めて記載しておく。時間があれば、点数が低い方へと順々に翻訳していきたい。


追記:WhoisChosoninjaのニンジャアサシンの記事を楽韓ウェブさま❐に取り上げていただいた。(このためアクセスが急増) コレをうけて、ニンジャアサシンのレビューを一通り追っていくことにしました。乞うご期待。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/01(火) 22:56:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【韓国】「Rainをもってしてもニンジャアサシンの退屈さを救えない」

“「ニンジャ・アサシンはブルース・リー以上」…海外で相次ぐ賛辞”という記事をぶち上げた中央日報が、いよいよ自紙の英語版でニンジャアサシンのレビューを発表した。

以下に、拙訳を掲載する。

記者名はBen Applegate、おそらく韓国内で映画を鑑賞したものとおもわれる。

Even Rain can’t save this dull tale of ninja killers❐
Movie Review
November 27, 2009


Rainでさえもこの忍者キラーたちの退屈な物語を救うことは出来なかった

Rain’s role is to have rippling muscles and look angry in “Ninja Assassin.” [MovieWeb]
Real ninjas were nothing more than thugs and spies who did the dirty work of Japan’s feudal lords during the chaotic civil war of the 15th to 17th centuries. They could not disappear, they did not steal orphans and train them in secret, and they did not have Wolverine-like healing powers.


Rainが演じるのは、震える筋肉を持ち、怒って見える“ニンジャアサシン”だ。
史実の忍者は、15?17世紀の混沌とした戦国時代の日本において、封建的領主の下で汚い仕事に従事した盗賊やスパイ以外の何者でもない。彼らは姿を消したり、孤児を誘拐したり、その子らを秘密裏に特訓することは無かったし、彼らはウルヴァリンなみの回復力を有してなどいなかった。

Real ninjas are boring. So instead, “Ninja Assassin” goes with the “real ultimate power” philosophy of ninjahood: that - ahem - ninjas are totally sweet, ninjas fight all the time, and the purpose of the ninja is to flip out and kill people.

実際の忍者は退屈だ。だがしかし、“ニンジャアサシン”は忍者っぽさの“真の究極の力”の哲学に走ったのだ。それは、まあ…つまり、忍者は全くスイートで、忍者は常に戦い、忍者の目的は人を殺しては気が狂うこと、といった感じのものだ。

Genre fans may associate the title with the English-dubbed “Shogun Assassin,” the bizarre and violent classic of samurai exploitation from 1980 that was hacked together from two different Japanese films. Perhaps that’s the feel writer Matthew Sand and director James McTeigue were going for, because the plot holes here are wide enough for 30 ninjas to hide in while having a really rad fight.

このジャンルのファン達は、“ショウグンアサシン”という英字幕映画を思い出すだろう。2本の異なる日本映画を1本に編集し、1980年に売り込まれた奇抜でバイオレントなSamurai物の古典だ。おそらく、脚本のマシュー・サンドと監督のジェームズ・マクティーグも同じことを考えただろう。なぜなら、プロットの欠点が、素晴らしい戦闘シーンを演じる30人以上の忍者たちの努力を、覆い隠してしまうほど大きなものだからだ。

A gleefully violent opening sequence introduces us to Raizo, a ninja in the Ozunu clan played by the Korean pop star Rain in his first starring Hollywood role. The scene is like a checklist of genre staples - the ominous envelope of black sand, the arrogant young buck who gets what’s coming to him despite the warning of the wise old yakuza, the gory decapitations. Striking from the shadows, Raizo seems a little like Batman, except he bisects people’s shins.

愉快なほど暴力的なオープニングシーンが、我々に初のハリウッド主演となる韓国のポップスターRainが演じる雷蔵を紹介してくれる。彼はオズヌ一族の忍者の一人だ。このシーンは、このジャンルの定番シーンのチェックリストのようだ。不吉な黒い砂の封筒、知恵者の老ヤクザの警告を無視して彼の元にやってきた横柄な若い下っ端、血塗られた断頭台。暗闇から攻撃をする雷蔵はさながらバットマンのようだ──ただし敵の両すねを切り裂いてしまうことを除いては。

Then, all of a sudden, the action stops, and the first third of the movie dives into an utterly uninteresting series of flashbacks to Raizo’s ninja upbringing at a mountain temple by Lord Ozunu (Sho Kosugi), broken up by footage of Rain twirling around in a Berlin apartment, his ample musculature dripping with grease. This was when Ninja Assassin lost me. I can handle a threadbare plot in the service of awesome action. But why spend 25 minutes developing characters who really are nothing more than excuses to show more flying organs? The stilted romance between various younger Raizos (none of whom look anything like Rain, by the way) and a ninja girl only makes the plot deficiencies more obvious and unbearable.

ここで、全く突然にアクションは終わってしまう。そして映画のはじめの三分の一は、徹底的につまらない、オズヌ(ショー・コスギ)の山寺で忍者として成長する雷蔵の一連のフラッシュバックに突入してしまう。Rainの軌跡は、彼の潤沢な筋肉組織にグリースを滴らせながらベルリンのアパートで棒を振り回すシーンで終りをむかえる。しかし、飛び散る臓器をさらに見せつけるための言い訳にしかならないようなキャラクター設定になぜ25分も費やしたのか。複数の雷蔵の子役達(この子役たちの誰一人としてRainに似ていない)と、くノ一の少女が演じる形式ばったロマンスは、プロットの欠乏をさらに明白に、かつ耐え難いものにした。

Back in the present, Raizo is on the run from his clan and has to enlist sexy Europol agent Mika (Naomie Harris) and her boss (Ben Miles) to help him get revenge against Lord Ozunu. The cops have just begun to crack the case of the ninja clans when their superiors (presumably influenced by Ozunu) betray them and capture Raizo. Then Ozunu sends wave after wave of minions into the prison to kill the traitor. This raises two issues: An organization does not stay totally secret for 1,000 years by indiscriminately killing cops and causing car crashes. And if Ozunu is pulling the strings at Europol, why bother sending the ninjas at all? Couldn’t he use his connections to make it look like an accident? Not even the fairly cool climactic fight in a burning ninja village could rid my mind of these questions (and the Jedi twaddle Ozunu murmurs every few minutes didn’t help).

現代に戻り、雷蔵は一族から脱走し、オズヌに復讐を果たすため、セクシーなユーロポールの調査官ミカ(ノミー・ハリス)とその上司(ベン・マイルズ)に協力を求めなくてはならなくなった。この警官たちは忍者一族の事件の解決に取り掛かるが、彼らの上役(オズヌの支配を受けていると推定される)が彼らを裏切り、雷蔵を逮捕した。オズヌは雷蔵を殺すため、次々と子分を刑務所に送り込んだ。さて、ここで二つの問題が持ち上がる。1000年の秘密を有する忍者組織が、見境無く警官を殺したりカーチェイスを起こしたりと大暴れするだろうか?またもしオズヌがユーロポールの糸を引いているのなら、何でわざわざ忍者を送り込んだりするんだろう。彼のコネクションを使って事故に見せかけることは出来なかったのか?燃えている忍者村にあっても至ってクールなクライマックスの戦いはこれらの疑問を忘れさせてくれた。(しかしオズヌの数分毎につぶやくジェダイのたわごとは何の役にも立たなかったが)

Of course, none of this matters. Because Rain is in it, Ninja Assassin will do good business here, and the filmmakers know it, inserting a little reference to the assassination of Queen
Myeongseong by Japanese agents and setting a battle in a Korean laundromat in Berlin.

もちろんこれらは大した問題じゃない。なぜならレインがそこにいるからだ。ニンジャアサシンのここ韓国での興行は成功するだろう。制作会社もそれを知っている。興味深いことに、日本人の刺客による明成皇后暗殺に若干言及しているし、ベルリンでの戦闘の舞台は韓国人が経営するコインランドリー屋だ。

There’s also a clever and surely intentional nationalistic undercurrent. Though Rain’s character is Japanese, he is a Korean celebrity, and watching him cut up yakuza and ninjas for 90 minutes has to increase the movie’s appeal here while not hurting its chances elsewhere.

さらに巧妙かつ確固とした世界のナショナリスティックな底流も存在する。Rainは日本人のキャラクタを演じてはいるが、彼は韓国のセレブであり、その彼が90分に渡り忍者やヤクザをぶった切り続けるのを見れるということは韓国での映画のアピールを増大させはする一方で、他国での成功のチャンスを潰すことはないだろう。

But I’m grasping at poison dart blowers for something interesting to say about this movie, which manages to use the same premise as “Kill Bill Vol. 1” and still be dull. It’s a sad day when even a film called Ninja Assassin fails to get one totally pumped.

だが、私はいま、毒吹き矢を握り締めている。そして、この映画について語るべき興味深いものを標的としている。それはこの映画が“Kill Bill Vol.1”と同じ前提を利用していながら、それでもなお退屈だということだ。今日は、ニンジャアサシンという名の映画に興味を膨らませていた人物一人を失望させた悲しい日である。

By Ben Applegate [bapplegate@gmail.com]
JoongAng daily Hot issue



ざっくりまとめると、「映画はクソつまんないけど、Rainが出てるし、日本人がいっぱい死ぬ設定だから韓国ではヒットするんじゃないの?」という感じでしょうか?




参考:【ピ(Rain)】米メディア絶賛!?「ニンジャアサシン」海外の反応【1円】


  1. 2009/11/27(金) 23:17:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Rain(ピ)】ハリウッド映画「ニンジャアサシン」海外の反応【1円】



私にはMTVの記事はみつけられなかったのですが、
楽韓Webさんでは元ネタを発見して検証まで済ませてくれていたようです。

Rain is a big deal……それって本当に褒め言葉?

……うーん、これがそのMTVのプレビューなんですが。
 英語のスキルにそれほど自信があるわけではないのですが、どうも全体的に皮肉まみれっぽい気がします。
 特に"big deal"っていうのは「うわー、すげー(棒読み)」的な使われ方もされる……というか、されることのほうが多い言葉でして。


皮肉を額面どおり受け取るとはw

ゲラゲラ 
   ∧_∧  
.  ( ´∀`) 
.  ( つ ⊂ ) 
   .)  ) )  
  (__)_) 

続きを読む
  1. 2009/11/26(木) 22:43:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Profile

halto112

Author:halto112

Articles

Comments

Trackbacks

Archives

Categories

- (1)

Search

RSS

Links

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。